このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 ダイエット もしかして酵素不足?生酵素がダイエット効果をもたらす仕組みとは?

もしかして酵素不足?生酵素がダイエット効果をもたらす仕組みとは?

293view

2018.01.20

酵素とは

酵素の種類

酵素とは、生物が生命を維持するために絶対必要なものであり、体内に取りこまれた物が消化され、栄養を吸収し、体外へ排出されるまでの一連の流れをサポートする役割を担うものです。食物を口にすると消化器官で消化され、必要な栄養素は体内へ吸収され、不要なものは排泄物として体外へ排出されます。

生命を維持するためのこの流れを支えているのが酵素であり、酵素は体内で生成される酵素と食物から摂取できる酵素とに分けられます。体内で作られる酵素を「消化酵素」「代謝酵素」と呼び、食物から摂取できる酵素は「食物酵素」と呼ばれます。

それぞれの酵素の働き

消化酵素

食べ物を消化するために分泌され、消化液に含まれている酵素を消化酵素といいます。体内に取り入れた食物を消化し、栄養を吸収し、分解する働きをサポートする役割を果たします。体内に入った栄養素は分解されることになりますが、炭水化物はアミラーゼ、タンパク質はプロテアーゼ、脂質はリパーゼといったそれぞれ決まった消化酵素により分解されています。

代謝酵素

代謝酵素は、消化酵素が分解した食物の栄養素を体内の細胞へ送り届け、エネルギーを生み出す役割を果たしています。骨や骨格を形成し、不要となった老廃物や毒素を、体外へ排出させます。新陳代謝の働きを助け、基礎代謝と免疫力をアップさせるなど、健康を維持するための働きや、体内機能を維持するための働きも担っています。

食物酵素

食物酵素は、唯一体外から摂取できる酵素であり、摂取した食物そのものを消化する働きがあります。さらに消化酵素の働きを助け、基礎代謝を高める力もあります。主に身近にある野菜や、加熱されていない生の食べ物、発酵食品に多く含まれています。

酵素不足

消化酵素の浪費

体内で生成される消化酵素と代謝酵素は、1日のうちに体内で作られる量が決まっているうえ、加齢とともに減少してしまいます。40代になると、その量は20代の半数以下まで減少してしまいます。また、大事な栄養素であるビタミンやミネラルは、酵素が不足した状態で摂取してもその効能を発揮することができません。

食べ過ぎにより、大幅なカロリーを摂取してしまえば、食物の消化や吸収のために消化酵素の生成が優先され、代謝酵素が生成されなくなってしまいます。消化酵素を消費すればするほど、体内で生成される酵素のバランスが崩れてしまうことになるのです。

酵素不足になると

体内で酵素不足に陥ると、食べたものがうまく消化されないだけでなく、新陳代謝が落ち、老廃物の排出もスムーズにいかなくなるため、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。下記のような症状がみられるときは、酵素不足を疑う必要があります。

  • 疲労感や倦怠感
  • 偏頭痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • 動悸
酵素不足に陥りやすい人

酵素は、加齢とともに減少しますが、日常生活の生活習慣によっても減少してしまいます。下記のような生活習慣があると、酵素不足に陥りやすくなってしまいます。

睡眠不足

体内で生成される消化酵素と代謝酵素は、就寝中に生成されます。夜遅くまで起きて睡眠不足が続けば、酵素が充分に生成されず不足してしまいます。

間食や夜食

間食をしてしまうと、体内では消化酵素が優先的に生成され、代謝酵素が生成されず、脂肪がたまりやすい体になってしまいます。

野菜不足

唯一外から摂取することができる食物酵素は、生野菜や果物に多く含まれています。野菜が不足していると、消化酵素の働きをサポートする食物酵素不足となってしまうため、消化活動がスムーズにいかなくなり、代謝も落ちてしまいます。

酵素間の関係性とダイエット

酵素間の関係性

体内で生成される消化酵素と代謝酵素は関係性が深く、どちらかが不足しても互いの働きが充分に機能しなくなります。食物を消化するために、消化酵素がたくさん消費されれば、消化酵素の生成が優先されてしまうため、代謝酵素が充分に生成されず不足してしまいます。

また、体内で生成されるふたつの酵素は食物酵素とも関係性があり、不足してしまった消化酵素を食物酵素で補うことができます。食物酵素は、消化酵素の働きを助けながら代謝酵素とのバランスを取るという役割も果たしているのです。

酵素がダイエットに良い理由

酵素はダイエットに大きな効果をもたらします。その最大の理由はやはり、酵素間の関係性にあります。前述のとおり、消化のため大量に消化酵素が消費された際、相互関係にある代謝酵素は必然的に不足した状態に陥ってしまいます。代謝酵素は栄養素を分解し、不要なものと必要なものを振り分け、必要な栄養素を細胞に届ける役割を担っています。

代謝酵素が不足した状態のところへ次の食物がやってくると、代謝酵素がうまく機能しなくなるため、脂肪が代謝されずに体内にため込んでしまうことになります。慢性的な代謝酵素不足が続けば、当然体内にも脂肪がたまり続け、肥満となってしまうのです。消化酵素と代謝酵素不足を解消すれば、両酵素の働きがスムーズになり、負の連鎖を食い止めることができるため、食物酵素を積極的に摂り入れることで、ダイエット効果が生まれます。

酵素を摂り入れる

食品から

酵素が私たちの体にとても大事なものだとわかるだけでなく、ダイエット効果も高いことがわかれば、できるだけ体内に多く取り入れたいものです。体外から摂取するには、食物酵素として食品から摂取する必要があります。食物酵素をたくさん含んでいる食品には、下記のようなものがあります。

  • ほうれん草
  • 大根
  • キャベツ
  • ピーマン
  • レタス
  • アボガド

ほうれん草や大根には、消化酵素の中でも脂肪を分解するリパーゼや、糖分を分解するアミラーゼが多く含まれています。また、キャベツやピーマンにはタンパク質を分解する酵素のプロテアーゼが多く含まれています。

サプリメントから

酵素は熱に弱い特性があるため、加熱されると壊れてしまい、体内に効率よく食物酵素を摂り入れることができなくなります。そのため、酵素は生の状態で摂取する必要があります。製造過程の中で、加熱処理をしない酵素を生酵素といい、食物酵素を効率よく摂取するためには、生酵素をより多く摂取することが推奨されています。

生酵素には、代謝を促進してダイエット効果を高めるほか、肌を健康に保つ美肌効果や、便秘改善効果、胃もたれ改善効果もあります。しかし日常の食卓の中で、生野菜などから必要な生酵素を充分に摂取することは意外と難しいものです。

そこで活躍するのが生酵素サプリメントです。熱を通さず、自然発酵で熟成された生酵素を、ギュッと閉じ込めた生酵素サプリメントを摂取することで、効率よく酵素を補うことができます。日常的な野菜不足だけでなく、酵素不足に陥りやすい生活スタイルを送る人が、特に効率よく酵素が摂取できるのが、この生酵素サプリメントです。

ダイエットと生酵素サプリ

酵素の中でも生の状態で摂取する必要がある「生酵素」に大きな注目が集まり、生酵素のもつ働きが、ダイエットに効果的であることがわかりました。効率よく生酵素を摂取できるサプリメントにも注目が集まり、若い人のあいだでも人気が高まっています。非加熱製法により、原材料を長期間にわたって自然発酵させた栄養素がたっぷり詰まっているため、酵素を充分に補い、ダイエット効果を高める役割を果たしてくれます。

生酵素サプリメントの中には、酵母や発酵菌、ビタミンなどの生酵素以外の栄養素が含まれているものもあり、多彩な原材料でダイエット効果をサポートするものもあります。原材料や発酵期間、そのほかにプラスして含まれている成分などをしっかり見極めることで、自分のダイエットスタイルに合った生酵素サプリメントを選ぶことができるのではないでしょうか。



2018年版※生酵素サプリの最新ランキングを見る>>