このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 産後ダイエットをしたい!授乳期に生酵素サプリを摂っても問題ない?

産後ダイエットをしたい!授乳期に生酵素サプリを摂っても問題ない?

340view

2018.01.20

生酵素を授乳中に摂ると母親や赤ちゃんに悪影響がある?

産後ダイエットで生酵素サプリメントを摂っても大丈夫

「妊娠によって太ってしまった体を引き締めるためにダイエットをしたいが、授乳中に生酵素サプリメントを摂取しても大丈夫?」と思う方もいるのではないでしょうか。赤ちゃんが飲む母乳の質は母親の食生活が影響するので、口から取り入れるものには神経質になりがちですが、生酵素サプリメントは授乳中に摂っても問題ありません。

生酵素には新陳代謝を良くする効果や、肌を良い状態にする効果などが期待できます。また、胃の健康に役立つともいわれています。そのため、生酵素サプリメントはダイエットに最適なものであり、授乳中に生酵素サプリメントを摂っても問題ありません。授乳中に生酵素サプリメントを摂っても、母親や赤ちゃんの健康を害することはないので、安心して産後のダイエットに生酵素サプリメントを利用しましょう。

授乳中だからこそ生酵素サプリメントを摂ろう

出産後は、ホルモンバランスの乱れや生活環境の変化などにより、体調を崩してしまうことがあります。むくみ・生理不順・肌荒れ・抜け毛・めまい・吐き気などの不調を起こすこともあり、ちょっとしたことでイライラする・気分が落ち込む・寂しい・食欲不振・不安、など「産後うつ」になる可能性もあります。

産後は、そのような状態になりやすいからこそ、生酵素サプリメントを摂ってほしいのです。生酵素サプリメントを摂ることにより、肉体的にも精神的にも疲れやすい産後の生活をサポートしてくれます。それは、生酵素には腸内環境を整える効果・免疫力を上げる効果・肌の状態を良くする効果・老廃物を排出する効果などが期待できるためです。

精神に深く関係しているセロトニンは「幸せホルモン」といわれており、セロトニンの分泌量が減ってしまうと精神が不安定になりやすく、注意が必要です。セロトニンは腸で作られるので、セロトニンを安定して生成するには腸内環境を良くすることが必要になります。

生酵素には腸内環境を整える効果が期待できるので、セロトニンを安定して作ることができ、産後うつを防ぐ効果を期待することができます。また、生酵素の代謝を上げる作用や免疫力を上げる作用などは、肉体の疲れ解消にも役立ちます。これらのことから、授乳中に生酵素サプリメントを摂ることは良いことといえます。

授乳期の母親に嬉しい生酵素の効果

産後になりやすい便秘を解消する効果が期待できる

産後は、疲れ・ストレス・運動不足・水分不足・不安・トイレの我慢などが影響して便秘になりやすく、腸内環境は悪くなりがちです。腸内環境が悪くなると血流は悪くなり、肌が荒れやすくなります。また、精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。そのことから、便秘を予防したり改善したりすることはとても大切なこととなります。

生酵素には便秘解消効果が期待できるので、授乳期には生酵素サプリメントを摂りましょう。便秘が解消されれば腸内環境を整えることができ、血行を良くすることもできます。血行が良くなれば新陳代謝は上がるので、産後のダイエットとしても最適なものとなります。

代謝が低下するのを防ぐ効果が期待できる

便秘が解消されて腸内環境が良くなれば、血流が良くなり代謝は上がりますが、生酵素自体にも代謝を上げる効果が期待できます。産後の母親は、疲れや生活環境の変化によりストレスを溜めやすくなります。また、赤ちゃんをずっと気にしなくてはいけないので、運動不足になりがちです。ストレスを受けると血管が収縮し、血流は悪くなります。

また、運動不足だと新陳代謝は低下しやすくなります。代謝が低下すると、肌荒れなどの肌トラブル・太りやすくなる・末端冷え性などを起こしやすくなります。そのため、母親の健康のためには代謝を低下させないことが大切で、生酵素が代謝の低下を防いでくれます。生酵素によって代謝が上がれば太りにくくなるので、産後ダイエットにも役立ちます。

母乳の質を良くする効果が期待できる

母親の食事は母乳の質に深く関係しています。高カロリーの食べ物や、栄養バランスの偏った食事をしていると、母乳の質は悪くなります。赤ちゃんは質の悪い母乳を嫌いますので、母乳の質を上げることが大切であり、母乳の質を上げるには母親が健康的になることが必要です。生酵素には母親の健康を高める効果が期待できるので、生酵素によって母乳の質を良くすることが可能となります。

生酵素は出産後のダイエットに最適

産後に行う生酵素ダイエットで注意すること

前述した通り、授乳期に生酵素サプリメントを摂ることは問題なく、むしろ積極的に摂ってほしいものといえます。しかし産後に生酵素ダイエットをするときには注意が必要です。食べ物を一切食べず、生酵素サプリメントだけを摂るダイエットや、12食だけ抜いて生酵素サプリメントを摂るダイエットは止めましょう。

それらのダイエットは、カロリー摂取量が減るので確実に痩せますが、母乳の質が悪くなってしまい、赤ちゃんの成長に影響してしまいます。また、母親自身も健康を害してしまいます。

授乳期におすすめの生酵素ダイエットのやり方

食事制限するダイエットはリスクが高いので、授乳期はいつもの食事に生酵素サプリメントをプラスするダイエットのやり方がおすすめです。いつもの食事にプラスするといっても、生酵素サプリメントを飲むタイミングは工夫しましょう。その飲むタイミングは食事をする前か、おやつの前がおすすめです。生酵素を飲むとお腹が満たされる感じがするため、食べ過ぎるのを抑えやすくなります。

そのことにより、必要以上に食べるのを防ぐことができるので、余計なカロリーを摂らずにすみます。また、できれば運動も取り入れましょう。生酵素には代謝を上げる効果が期待できますが、運動により筋肉量が増えれば基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がれば太りにくくなり、リバウンドをしにくくなります。

しかし母親は赤ちゃんの面倒を見なくてはいけないので、運動をする暇がないという方は多くいることでしょう。そのような場合は、赤ちゃんが眠っている時間に、腹筋や腕立て伏せ、ストレッチなど軽めの運動をするのがおすすめです。それだけでも毎日することにより体は引き締まっていきます。また、ストレス解消にもなるので、精神面でも良い効果を得ることができます。

生酵素サプリメントと生酵素ドリンクどちらが良い?

生酵素の商品は、サプリメントとドリンクが主流になっています。では、どちらが産後の生酵素ダイエットには良いのでしょうか。生酵素サプリメントのメリットとしては、手軽に生酵素が摂れることや、持ち運びがしやすいということです。

それに対して生酵素ドリンクは、炭酸水やジュースなどで割ることができ、味を変えることができるということや、サプリメントよりも腹持ちが良くなるということがメリットです。腹持ちが良くなるため、置き換えダイエットにはドリンクの方が向いていますが、授乳期の置き換えダイエットはおすすめできません。

酵素ドリンクは持ち運びがしにくく、口に合わないから飲みにくいという人もいます。このように、サプリタイプとドリンクタイプでは特徴がそれぞれ違ってくるので、自分に合うほうを選ぶと良いでしょう。生酵素サプリメントや生酵素ドリンクは薬ではないので、即効性はありません。続けることによって効果を感じられるので、続けやすい方を選ぶことが大切です。



2018年版※生酵素サプリの最新ランキングを見る>>